薬剤師の体験談│管理薬剤師を目標に小規模薬局から転職

薬剤師転職体験談 - きっかけは、できちゃった婚

私が転職を志したきっかけは、付き合っていた彼女の妊娠でした。当時私は、父の趣味仲間が経営している調剤薬局で働いていました。小さな調剤薬局でしたが、職場の雰囲気は申し分なく、お給料も独身には不自由のない額でした。
ドラッグストア(OTC)薬剤師に強い求人サイトは?

しかし、彼女が妊娠したことを知り、結婚の準備に向けて進めていたとき、妻と生まれてくる子供をしっかりと養えることができるか‥という不安がでてきました。所謂、経済面での不安ですね。

確かに、当時勤めていた職場環境には何の不満もありませんでしたが、年収面では妻と子を養っていくには、少々厳しいものがありました。又、そこに居続けても、管理薬剤師になれる見込みもないこともあり、転職する決意をした次第です。やはり、年収面を考えると、管理薬剤師を目標にしたいという思いが強くなったのです。

只、勤務していた調剤薬局で扱っていた処方箋の枚数も種類も決して多いとはいえませんでした。こんなスキル不足な状態で、果たして条件の良い転職ができるのか心配でした。ネットで情報を探していたところ、薬剤師専門の転職サイトの利用が自分に合っているように思え、まずは専門コンサルタントの方に相談してみようと登録しました。

コンサルタントの方は実に親切丁寧な対応をしてくださり、こちらの話をよく聞いてくれました。転職への自信がない旨を伝えると「意欲のある人材を求めている雇用先はいくらでもあります。経験豊富でなくても、管理薬剤師を目指しているという意欲をアピールすれば必ず転職は成功しますから、大丈夫です。一緒に頑張りましょう!」と心強い言葉を下さいました。

そして、いくつか紹介してもらった求人案件の中から、住宅手当など福利厚生も充実していて、年齢に関係なく管理薬剤師になれるチャンスのある調剤併設のドラッグストアに転職することができました。勿論、年収も以前より100万円程アップしました。

面接は緊張しましたが、コンサルタントの方が模擬面接を行なってくれたこともあり、上手くいきました。転職サイトを利用して本当に良かったと思っています。

薬剤師の独立に向けて

薬剤師の中には、もっと自分の可能性を広げるために独立を考える方がいるかもしれません。しかし独立開業というのは、すべての業務の責任がかかってきます。雇われから雇う側になり、スタッフの生活にも責任を持たなくてはなりません。

赤字経営では、スタッフの給与も支払えなくなり、結果スタッフが退職してしまいます。そうなると今まで以上の忙しさに仕事が追いつかなくなってしまいます。薬剤師の能力だけではなく、先を見通す力と判断力、決断力、そして経営力が必要なのです。

またお客様相手の商売なので、コミュニケーション能力も問われます。薬剤師の業務に没頭して、愛想がなければお客さんも店に行きづらくなってしまいます。相手はお客さんだけでなく、スタッフはもちろん、取引先にまで広がります。また常に現状を把握できるよう情報収集も大事な仕事のひとつです。

店舗は独立開業後、一人で始めるケースが多いですが、いずれはスタッフを抱えたり、店舗を増やすこともあります。その場合は、共通のルールを設けましょう。すると、他の店舗でも同じようなルールが敷かれ、安心できますね。また店舗間の違いがなければ、ヘルプに入りやすいのです。

いずれチェーン店にし、店舗を増やすのであれば、このようなスタイルの確立は重要です。しかし独立開業だけがすべてではありません。雇われる側でも、スキルアップし、経験を積めば独立開業した薬剤師に引けをとらないでしょう。

さて、独立開業にはいったいどのくらいの費用が掛かるのでしょうか。都心部では地価が高いために、2500万円以上の初期投資を見積もりたいところです。また病院の近くなど立地の良いところを探さなければなりません。秘密の隠れ家的な薬局は必要ないので、それなりの場所を選ぶ必要があります。

その中で、ドラッグストアや、他の薬局がライバルになるので、事前のリサーチが必用です。そして必要とされている店について考えなければなりません。周囲の環境にもよるでしょう。自分が経営したいお店とはなんなのかも考える必要があります。